Home 会社概要 2018年 新卒採用

2018年 新卒採用

2018年新卒採用情報

みなさんこんにちは。まずは、当社に興味を持って頂きありがとうございます!ホームページをご覧いただいた通り、私たちの仕事は、建築事業や環境事業を通じてこれからの暮らしづくり、社会づくりをしていくことです。それは、これまでの経済的、物質的な価値観にしがみつくものではなく、本当の意味での豊かであり健やかな社会。零には、そのためにすべきこと、やりたいことが沢山あり、みなさんの力が不可欠です。ぜひ一緒に素敵な未来を築いていきましょう。まずは、ぜひ、私たちの会社を見に会いに来てもらえたら嬉しいです。
 

alt


【合同企業説明会】
・427日(木)10:0012:00 
会場:仙台サンプラザホール  
みやぎ就職ガイダンス  
主催:宮城県、宮城労働局、仙台市
 
・518日(木)13:3016:00
会場:仙台サンプラザホール  
就職ガイダンス
主催:宮城県中小企業家同友会 
 
・622日(木)13:0016:00 
アエル多目的ホール  
合同説明会
主催:宮城県中小企業家同友会

 



【会社見学会】
・4月30日(日)13:3016:30

・5月14日(日)13:3016:30  

・5月21日(日)13:3015:30
その他、ご希望日をお知らせ下さい  

会場:いずれも「本社」(仙台市泉区上谷刈6丁目11-6
および、零の家「鹿野本町提案型住宅3棟」(太白区)
定員:各回5~10名程度

 

 
※上記日程以外での、見学&説明をご希望される方は、ご相談ください。
  個別で対応させて頂きます。


 
alt

2018年3月に専門学校、短大、大学、大学院を卒業する学生さん、
および、概ね3年以内の既卒の方。
※高卒者向けの求人は、7月1日より情報公開いたします。


alt

①設計現場管理スタッフ(2~4名程度)
お客様との出会い、打合せ、プラン、設計、ご契約、施工管理、お引渡しと、家づくりのすべての行程に担当者として携わることができる、やりがいのある仕事です。最初は、先輩建築士のアシスタントとして仕事を覚えて頂き、入社3年~5年を目途に正担当者へとステップアップしていきます。

②大工スタッフ(2名程度)
新築やリフォーム工事において中心となる木工事を行う仕事です。新築では、まず自社の木材加工場での“墨付け”“刻み”作業を行い、その後、建築現場での建て方を行います。そこから約2ヶ月間、建築現場での造作工事を行います。また、現在ますますリフォーム、リノベーションの需要が増えており、当社でも、積極的にその割合を増やしていく計画です。

③家具製作スタッフ(1名程度)
建物工事に付随する造作キッチンや造り付け家具の製作はもちろん、無垢の木のテーブルや椅子などを、自社の加工場において製作する仕事です。家具設計に興味のる方も歓迎です。

④各工種およびメンテナンススタッフ(2名程度)
家づくりは、少なく見ても30以上の工種から成り立っています。当社では、これらの仕事を協力会社さんに依頼するばかりではなく、いつくつかの工種にわたって活躍できる社員スタッフを育成することに積極的です。特にリフォーム工事やアフターメンテナンス工事においては、こうした人材が非常に求められています。

⑤不動産スタッフ(若干名)
当社で新築される方の約75%は、土地探しからスタートしています。その方々に、宅地を提案し仲介する仕事です。また、中古住宅の仲介や、リノベーションをした上での販売、自然素材・自然エネルギーのエコアパートの企画など、これから太く育てていく事業の一つです。

⑥環境事業スタッフ(若干名)
ペレットストーブや薪ストーブをはじめとする環境設備の提案・施工、国産木材の仕入管理、環境イベントの開催、出展などの啓蒙活動を行う仕事です。また、社是でもある“地球と暮らそう”を具現化する泉ヶ岳ゼロ村では、自然エネルギーや農的な循環型の暮らし方を提案していきます。

⑦企画広報スタッフ(若干名)
会社の事業や価値観を、ホームページやSNS、住宅情報誌やラジオなどを通じて発信していく仕事です。また、ノベルティーデザインやパンフレット、チラシなどの製作を行います。
 
 

alt

■勤務地/本社(事務所、加工場、建築現場)※現在のところ転勤なし

■勤務時間/8:00~18:00(休憩120分)

■教育制度
・新入社員研修、新人教育プログラム、社内塾ほか
・資格支援制度、社外研修支援制度、キャリアコンサルティング制度あり

■在籍スタッフ数
役員5名(うち女性1名)
従業員39名(うち女性11名、※平均年齢31歳)

■新卒採用実績校
東北工業大学、東北芸術工科大学、東北大学、宮城大学、東北学院大学、東北福祉大学、八戸工業大学、広島工業大学、山形工科短期大学校、魚沼テクノスクール、豊橋技術科学大学、白石工業高校、明成高校、喜多方桐桜高校、松島高校他
(以下は社員出身校)仙台高等専門学校名取キャンパス、筑波大学、福井大学、秋田経済法科大学、宮城教育大学、東北文化学園専門校、日本ビジネススクール、酪農学園大学、日本自然環境専門学校、他

■募集学科
全学部全学科。専門学校、短大、大学、大学院、職業訓練校の別は問いません。

■応募書類
① 履歴書
② 作文「私の想い。~やりたい仕事、なりたい自分~」A4、2枚以内
※選考が進むにつれて成績証明書、卒業見込証明書、健康診断書の提出あり

■選考方法
面接、適性検査、筆記試験(常識)、職場体験
※人物重視、マッチング重視での採用となります。

■エントリー方法/採用の流れ
① マイナビにてエントリー(会社説明会受付)
② 会社説明会
③ 応募書類の提出(随時受付)
④ 面接・適性検査
⑤ 職場体験
⑥ 最終面接
⑦ 内定

■採用データ
給与 大学院卒 190,000円
四大卒 180,000円
短大・専門・能開校卒 170,000円
一年過程の専門・能開校卒 160,000円
(毎月15日締め25日支給)
手当 各資格手当、通信手当、環境通勤手当
昇級 年1回(10月)
賞与 年2回(11月、5月)
休日 ①事務所系スタッフ(年間休日105日)
毎週水曜日、月間ローテ休(3日)、年間ローテ休(5日)、年末年始休暇、夏季休暇、GW休暇、他
②現場系スタッフ(年間休日105日)
毎週土・日曜日、年末年始休暇、夏季休暇、GW休暇、他
休暇 有給休暇、慶弔休暇、出産・育児休暇、他
福利厚生 厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険、など
通勤 マイカー通勤可
 

alt
■エントリー
マイナビ2018

■お問い合わせ
alt

または、ホームページメールフォームより

TEL:022-725-2261

担当:運営企画本部 専務取締役 菊地史朗


alt

(株)建築工房 零は、家づくりを通した「脱化石燃料生活」「脱浪費型社会」をめざして、起業した会社です。大学時代や前職(機械メーカーのエンジニア)に就いていたころから抱いていた環境問題への意識と、建築の仕事がしたいとの思いで建築業界に飛び込みました。
魅力を感じて入った建築業界の実態は「スクラップ&ビルド」が主流の世界でした。家は人生最大の買い物であるはずなのに、日本の家の寿命は26、27年と言われていました。「先進諸国では100年もつ家がたくさんあるのに…」、日本の家の使い捨て・浪費型社会に疑問を抱いたのです。その疑問が、創業の精神を生み出したのだと思います。
「国産木材を使った木組みの家をつくる。暮らしそのものを変える」。その創業の精神をはっきりと明文化したのが経営理念です。「家づくりは手段であって暮らしづくりこそが目的」。今まで自分の胸のうちにだけあったものが結晶化しました。「暮らしが集まって地域や社会をつくる。だから零は、家ではなく社会と未来をつくるのだ」と。

零がつくる家(1)家そのものが環境活動

「不必要な建物は作らない。どんな家であろうとも、人工物を作るということそのものが環境に負荷がかけているから」。ゼロでは、そう言い切ります。家を建て替えたいとの要望をお客様から受けたときに、まだ住めるようならばそのまま住み続けられるような提案をすることも多くあります。
新築の場合は、1.丈夫であること、2.時を経ても家族の変化にしなやかにフィットしていくことを考慮して、長く使い続けられる家にします。よくある、子どもが独立すると活用しない部屋が出来てしまう家。そういう家も作らない。つながりを持たせた大きな空間を作り、必要に応じて必要な期間だけ間仕切ってスペースを作って、必要がなくなれば間仕切りを取り払って広々と使う。作り込み過ぎない。これが、ゼロが作る家です。新築当初の120%の満足よりも、家の長い寿命の中で常に80%の満足が持続できる、住む人と一緒に成長する伸びしろのある家づくりを目標としています。
そしてお客様の大切な資金を預かって家を建てる以上は、有意義な使い方をしたいと考えています。暮らしそのものが環境活動となるように、地域でお金が回るように。つまりゼロの営業活動、本業自体が環境活動なのです。

零がつくる家(2)実際の仕様

ゼロが作る家にはエコを最大限取り入れていますが、いわゆる補助金でエコ設備を入れるというものとは少し違います。
東北で使われるエネルギーのおよそ8割は熱を得るためのエネルギーであるため、暖房・給水・調理には電気を介さずに一次エネルギーを直接利用できるようにし、エネルギーロスを減らすようにしてあります。
具体的には、1.素材は地域の無垢木材と漆喰や珪藻土などの自然素材を使用。2.暮らしのエネルギーの消費を抑える設計や断熱施工。3.設備には自然エネルギーを利活用する暖房・給湯を導入の3点です。その最たるものは木質バイオマスエネルギーの熱利用で、新築時の標準暖房機器はペレットストーブ。現在は新築の8割以上はペレットストーブまたは薪ストーブを採用しています。太陽熱を利用した暖房システムを採用しており、こちらは新築の約4割を占めています。雨水タンクも人気です。

ハードを通して価値観の転換へ

ゼロのお客様は環境意識の高い人が多いように思われがちですが、多くは、木の家の温かい雰囲気や建物のデザインに魅力を感じてくれる人です。そして私たちと一緒に家づくりを進めていく過程で、環境や社会に自分たちの暮らしがつながっていることに気づき、竣工した後の暮らしぶりにもその考えが色濃く反映されていくのです。
森が育んだ自然の木材に触れられることやペレットストーブや薪ストーブの炎を眺めながら暖を取ること、そして一生懸命に家を建てた職人さんたちの笑顔を時折思い出してもらいながらの暮らし。それは数字で表現できるエコや省エネ以外に、こういう暮らし方を豊かだと思う素地をつくっていきます。こういう価値観に変わっていってもらうこと、特に子どもたちに、これこそが事業の最も大きな目的だと考えています。
つくるのは新築の家でなくていい。実際に事業としては建築の枠を超えて、エネルギー事業やコンセプトショップの運営も手がけ、豊かな暮らしづくりを五感で提案しています。
「私たちは東日本大震災を経て、食とエネルギー、家族や地域の大切さを知ることができました。同時に今の巨大な社会システムが実はものすごく脆弱だということに気づきました。それらのことを踏まえ、これからの地球に生きていく子どもたちに、胸をはって引き継いでいける社会づくりが、私たちの会社の、そして大人一人ひとりの責任だと思うのです」。

株式会社建築工房零
代表取締役 小野幸助
 
 
01779856
建築工房零 お問い合わせ専用フリーコール0800-222-2015(8:00-18:00 水曜定休)